読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屑の一生

言いたい放題

【元プロ野球選手と一緒に観戦】侍ジャパンのアメリカ戦の敗因を考えてみた【WBC】

f:id:kuzulife:20170322195338j:plain

 

※試合前に書いた記事

kuzulife.hateblo.jp

 

残念ながら侍ジャパンはアメリカ代表に2-1で敗れ準決勝敗退となってしまいました。

前回のWBCと同じくベスト4という結果は誇らしくもあり残念でもありますね。

自分はこの試合を午前中からやっていたスポーツバーで観ていました。しかもこのバーには店長の友人でプロ野球選手であり元メジャーリーガーの○○さん(書く許可貰ってないので伏せます)がいらっしゃったので横で解説とダメ出しを聞きながら中継を観ていました。

そのあと夕方まで一緒に飲んでいたんですが色々思うことがあったのでブログに綴りたいと思います。

 

 

 

 

侍ジャパンの敗因

強みだった守備に綻び

3回の守備で菊池がベースを踏むことが出来ずダブルプレーを取れなかったことや、さらに4回に同じく菊池がイエリッチの正面のゴロを弾いてしまいランナー2塁の状況を作り得点につながるエラーをしてしまったこと。

終盤にも3塁にランナーがいる状態で松田が正面のサードゴロをファンブルしホームに送球することが出来ず決勝点を与えてしまいました。

やはりこういうロースコアの競った試合ではミスした方が負けてしまいます。

クリーンナップ3人がノーヒット

青木、筒香、中田、さらにキーマンだった1番の山田が揃ってノーヒット、チーム全体でも4安打では厳しいでしょう。

青木はフォアボール2つ稼ぎましたが正直3番に求めているのはそういうことじゃないと思いました。

メジャー選手なのに唯一侍ジャパンに参加してくれていることに敬意を表して3番固定なのかもしれませんが2次ラウンドからずっと調子を落としている選手をスタメン固定するのはやはり無理がありますし本人の負担も大きすぎます。青木とかベンチでもずっと険しい顔でメンタルやられてるのが素人でも分かりますよね。

今日代打でヒットを打った内川と替えるなり、ずっと調子の良い坂本を3番にするなり青木は1番で使って3番は山田にするなり色々やりようがあったように思います。

そして筒香も外野には打球は飛んでいましたが、8回のチャンスも打った瞬間入ったと思うような弾道でしたが凡フライだったのを見るとやはりメジャーの投手の力に押されていたような印象を受けました。

もちろん雨やバッターから見て向かい風が吹いていましたから一概には言えませんが。

アメリカの先発・ロアークの快投

さすが昨年メジャー16勝のピッチャーでしたね。

キレキレのツーシームで4回をキッチリ2安打無失点で侍ジャパンに付け入るスキを与えてくれませんでした。

しかも球数48球ですからね。

準決勝、決勝は球数制限95球なのに日本側がロアークに慣れてくるころでスパッと継投する勝ちに徹する潔さも見事でした。

 

8回表のアメリカの攻撃でキンズラーに投げたスライダー

1アウトでランナーが一塁にいる場面、キンズラーを2ストライクと追い込んだ状態で千賀が投じたスライダーが甘く入りセンターオーバーの2ベースを打たれ1アウト2、3塁のチャンスを作ってしまいました。

前の回からストレートとフォークボールが冴えわたり4者連続三振を取っていた好調の千賀になぜキャッチャーの小林がウイニングショットであるフォークボールを要求しなかったのか疑問です。

フォークのサインに千賀が首を振ったのか、スライダーは外すつもりで投げたのかもしれませんが決勝点に繋がる状況を作ってしまった不用意な1球だと思います。

8回裏のチャンスで山田に送りバント

日本がアメリカに勝つチャンスはここしかなかったんじゃないでしょうか。

8回に記録には残らないエラーという形で失点した直後、代打の内川が出塁、そして代走に足の速い鈴木というノーアウトランナー一塁という場面。

たしかにバントして1アウトランナー2塁というセオリー通りの野球も間違いではないですが、前回の第3回WBCの日本対台湾戦での9回2アウトからの鳥谷の盗塁のようにリスクを取って盗塁してチャンスを拡げることもできたはず。

バッターは2次ラウンドから調子を上げてきている山田。2年連続トリプルスリーという金字塔を打ち立てたバッターをバントで相手に1アウト献上するのは個人的には勿体なかったと思います。

1アウト2塁で菊池、青木よりも、ダブルプレーのリスクはありますがノーアウト1もしくは2塁で山田、菊池のほうが得点に繋がりそうな気がしました。全部結果論ですが。

 

それでも侍ジャパンは凄かった

菅野、千賀のメジャーよりメジャーらしい投球

この2人のピッチングは観ていて鳥肌立ちました。

150kmの直球をコーナーにズバズバ投げ込んで変化球もキレキレでメジャーのバッターがみんなボール球振らされてましたよね。

ストライクゾーンのストレートで空振り取りまくってるの

が凄いと思います。ふつうどんなに速い球でもプロの打者ならカットしたりファールにする技術はあるのにバットにかすりもせず空振りさせて力でねじ伏せてる感じが爽快でした。

この2人はメジャー行くか分かりませんがコントロールも良く崩れないし十分通用するんじゃないでしょうか。

小林の覚醒

今回のWBCで一番の驚きはなんといっても小林の覚醒と成長ですよね。

あれだけ本番前ボロクソに叩かれていたのに終わってみれば、

打率:450 9安打 1本塁打 6打点

十分すぎるほど結果を残しました。

ラッキーボーイじゃなくて普通に実力ですよね。今日のアメリカ戦でも盗塁阻止したりヒットも打ってます。

菊池のポテンシャルの高さ

菊池は観ていて本当に面白い選手だと思います。

なんというか今までの日本人野手にいないタイプですよね。新庄ともまた違う感じの。

めちゃくちゃすごいプレーもするし、しょうもないミスもする。簡単に三振なって帰ってくるし、あの体格でメジャーのピッチャーから逆方向にホームラン打つって不思議。

しかも今日だけじゃなくカブスとの強化試合でもベテラン投手のラッキーからもホームラン打ってますからね。

ポテンシャルの高い華のある選手だと思います。

内川の涙

敗退後、ベンチで内川が涙を流していたのが映っていました。前回のWBCでは自身が走塁のミスを犯してしまい、今回も自分たちのミスから敗北に繋がったただけに色々と思うところがあったのではないでしょうか。

しかし今日も代打で出でヒットを打ったり、2次ラウンドのキューバ戦でも重要な犠牲フライをキッチリ打ってチームに貢献していました。今回がおそらく最後のWBCになりそうなので内川の涙にはグッとくるものがあります。

WBCに1つだけ改善してほしいこと

あと試合観てて思ったんですが、ビデオ判定のシステムはどうにかするべきだと思いました。

どうやら準決勝からビデオ判定が無制限で可能になっているようです。そういやもう一つの準決勝のプエルトリコ対オランダ戦でも両者何回も要求していましたね。

たしかに際どいプレーならやらなきゃ損になりますけど、テンポ悪いし、攻撃のリズムが切れるし、時間かかるし、観てて萎えます。それならもう塁審いらないんじゃないですか。

個人的には誤審や下手くそな審判も野球の醍醐味だと思っているので次回からは改善を望みます。

 

最後に

小久保監督が退任することになったそうです。

www.yomiuri.co.jp

2013年の監督就任からここまで世間の重圧やプレッシャーの中、しっかりとチームを導きベスト4という結果を出してくれたので選手やスタッフ同様「お疲れ様でした」と言いたいですね。

スポンサーリンク