読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屑の一生

ゲスい話からライフハックまで

【WBC】侍ジャパンの準決勝の相手がアメリカに決定!

f:id:kuzulife:20170319171619g:plain

どうも、ドクズです。

3月19日に行われた侍ジャパンと2016年ワールドチャンピオン、シカゴ・カブスの試合早起きして観てたんですがいまいちピリッとしない内容でしたね。菊池がいきなりホームラン打ったのはびっくりしましたが。

www.japan-baseball.jp

時差ぼけや現地のコンディション(気温37℃、湿度3%)など色んな要因はあるかもしれませんが試合後のコメントで投手陣は球が滑ると言っていたのが気になりました。試合観ててもストレートが高めに浮いたり変化球のすっぽ抜けが多かったですよね。

明日もドジャースとのエキシビジョンマッチがあるのでなんとか調整してもらいたいです。

 

そしていよいよWBC決勝ラウンド、侍ジャパンの準決勝の相手が決まりました。

 

準決勝の相手は永遠のライバル・アメリカ

   f:id:kuzulife:20170319144954p:plain

F組の2次ラウンド最終戦でアメリカが前回WBC優勝国のドミニカ共和国との激戦を制し6-3で勝利しました。

そしてF組みの決勝ラウンド進出は1位プエルトリコ、2位アメリカとなり、侍ジャパンは3月22日にアメリカと準決勝を戦うことになります。

ちなみに前日3月21日にもう一つの準決勝、プエルトリコVSオランダが戦います。

 

侍ジャパンからすると最高の展開ですよね、準決勝で永遠のライバル、アメリカ代表を下し決勝で前回準決勝で敗れたプエルトリコにリベンジして優勝なんて最高ですよ。

チームスローガンの「奪還」がハマりすぎます。

 

アメリカの実際の戦力は?

f:id:kuzulife:20170319160937j:plain

引用http://www.wbc2017.jp/news/article/20170316_1.html

 

実は2009年の第2回のWBCの準決勝でも対戦があり、この時は9-4で勝利しています。

しかしWBC第1回大会の2次ラウンドでは敗北しており、現役バリバリのメジャーリーガーを多数揃えている強敵であることは間違いありません。

絶対負けられない大一番だったドミニカ戦のスタメンを見ても、

1番 セカンド  キンズラー(タイガース)  

2番 センター  A・ジョーンズ(オリオールズ)

3番 レフト   イエリッチ(マーリンズ)

4番 サード   アレナド(ロッキーズ)

5番 ファースト ホスマー(ロイヤルズ)

6番 ライト   マカチャン(パイレーツ)

7番 ショート  クロフォード(ジャイアンツ)

8番 DH      スタントン(マーリンズ)

9番 キャッチャー ルクロイ(レンジャーズ)

 

メジャーはWBCに本腰を入れてないなんて言われますがこのメンツをみるとオールスターじゃないですか。

 

打撃陣で要警戒なのは何といっても4番に座るアレナドではないでしょうか。ここまで1割台と当たってないですが2年連続でホームランと打点の2冠王ですからね。

とにかく前にランナーを置きたくないです。

個人的にはその後を打つホスマーも怖いですね。

ここまでの試合非常に好調ですし重要なところでしっかり打ってるのでアレナドを抑えても気が抜けません。

そもそも8番にスタントンを置くって…2014年のホームラン王ですよ。

他にもドミニカ戦はスタメンから外れていた2016年のゴールドグラブ賞の捕手で通算打率3割越えポージーや、今大会は少し不振にあえいでいる強打の内野手ゴールドシュミット(ダイヤモンドバックス)なんかも怖い存在です。

凶悪すぎる打線ですね。

 

アメリカの投手力は?

f:id:kuzulife:20170319160653j:plain

引用http://www.wbc2017.jp/news/article/20170316_1.html

 

投手陣もメジャーで実績のある選手ばかりです。

日本戦の先発が誰になるかはまだ分かりませんが先発陣はここまで2戦2勝の抜群の安定感を見せているダフィー(ロイヤルズ)を筆頭に奪三振率の高いアーチャー(レイズ)、2次ラウンドから参加、ベネズエラ戦で好投したスマイリー(マリナーズ)、173cmと小柄ながら多彩な変化球が武器でドミニカ戦で好投したストローマン(ブルージェイズ)にも注目です。

 

また個人的に要警戒なのはアメリカのリリーフ陣。

1、2次ラウンドではE組F組みどちらのブロックも点の取り合いでハイスコアになったり、コールドのような極端な点差の試合も多く見受けられましたがアメリカ代表は強豪相手にもリリーフ陣が奮闘し大きく崩れることなくしっかりと競った試合で勝利を収めてきています。

ニシェク(フィリーズ)

グレガーソン(アストロズ)

ダイソン(レンジャーズ)

N・ジョーンズ(ホワイトソックス)

特にこの4投手はここまで失点0という完璧な仕事をこなしています。侍ジャパンが勝利するにはこれらのリリーフ陣をいかに攻略できるかにかかっているように思います。

 

まとめ

第4回WBC ~準決勝~

対戦   侍ジャパンVSアメリカ

試合開始 3月22日(水) 午前10時 ※放送は午前8時から

放送局  TBS系列

 

日本の先発は前回ピリッとしなかった菅野と予想されています。そのまま千賀に繋ぐ感じになりそうですね。

TBSが8時から2時間リプレイ映像リピートするのは萎えそうですが熱い試合を期待したいです。

広告を非表示にする

スポンサーリンク