読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屑の一生

ゲスい話からライフハックまで

WEBライターの仕事で一番ムカつくこと

f:id:kuzulife:20170312163810j:plain

どうも、ドクズです。

自分はたまにオファーがあれば紙の媒体やWEBメディアでライターの仕事を請け負ったりすることがあるんですが何度か仕事をしていて気付いたことがあるので今日はその話をしたいと思います。

 

WEBメディアは基本ライターをなめてる。

WEBライターなんてランサーズやクラウドワークスみたいなところで探せば1文字0.5円以下みたいなゴミみたいな金額でも喜んでやるやつはいっぱいいます。

調べ物をして裏を取りながら執筆する場合は時給に直すとコンビニバイトの半分以下ぐらいになるんじゃないですか?

正直やってるやつはアホですよね。

「ライターの実績としてプロフに載せれますよ」

「お仕事に慣れれば契約も継続できます」

なんてテキトーなこと言ってたらアホな主婦やフリーターが簡単に釣れるんでしょう。

 

でも誰でも書ける記事なんてプロフに載せても何のウリにもならないし単価の高い仕事が取れるようになることはありません。誰でも書けるから安いんです。

安すぎる単価の仕事で長期契約できても数をこなさないといけないのでめちゃくちゃしんどい割に金は稼げない地獄の入り口ですね。コンビニバイトでもしてた方がよっぽど楽に稼げるんじゃないですか。

それなのにWEBライターを始める人が後を絶たないから使い捨て感覚にもなるんでしょうね。

 

美容系キュレーションサイトは地雷だった。

過去数回だけキュレーションサイトでの記事を書いたことがありますが酷い扱いのところばかりでした。

少し前にDeNAがやってるWELQ(ウェルク)が炎上してましたけどどこも似たようなもんだと思います。

だってキュレーションサイトなんて基本何の知識もない素人がネットで調べた程度の浅い知識で書いてるだけですから。

中でも一番酷かったのが美容系キュレーションサイトでしたね。中の人間のテキトーさにイライラしっぱなしでした。

何が酷いって、

催促しないと給料が振り込まれなかったこと。

ありえないですよね。

給料日に銀行で確認してお金が入ってなかったので翌日即連絡すると担当者が出て謝罪。まあこういうこともあるかとその時は流しましたが翌月の給料日、

また入金なし。

さすがにブチ切れてその場で入金させた後契約解除しました。その後、Twitterなどで調べてみると自分と同じような対応された人が何人も見つかりました。

この仕事は1文字3円で自分のサイト経由でのお仕事の依頼だったんですけど大失敗でした。

 

WEBライターの仕事でどうしても納得できないこと。

f:id:kuzulife:20170312182658j:plain

ここで本題です。

WEBメディアの担当がわざわざライターのサイトを探して過去執筆した記事を見てどれくらいの文章を書けるか確認したうえで仕事のオファーを出してきたにも関わらず最初の打ち合わせで、

「じゃあ最初の記事は無償でお願いします」ってなめてんのか?

オファーを出してきても最初の打ち合わせでこの提案をしてくるクソメディアの多いこと多いこと。

完全にライターの事なめてますよね。

なんで初回タダ働きしなきゃいけねーんだよボケ。

2回目からは通常料金でって、初回の無料分均等に引いて考えなきゃいけなくなるだろが。

あげくのはてに、

「無償ですがサイトにキッチリ使わせて貰いますので」

って笑顔で言われた瞬間帰り支度を始めました。

ランサーズで採用したとか、執筆した実績のないライターにまだ実力が分からないから初回は通常の50%でとかなら分かりますよ?

でもわざわざその分野に詳しいライターを探してサイトでプロフと執筆例確認したうえで無償でよこせってアホか。

いやーなめてますね(4回目)

 

今まで雑誌、企業広報エッセイ、コピーライティングで紙の媒体でも何度か文章を書く仕事をしてきましたけど最初から報酬はこちらの提示している金額どおり払ってくれました。

初回無料とかいうワケのわからないお試しクーポンを使ってるのは決まってWEBメディアです。普段あまりネット記事読まない自分でも知ってるところもありました。

 

これって結局WEBメディア作ってる人間が自分たちの作ってるコンテンツを所詮WEBの記事だからって下に思ってるんでしょうね。

ライターに対する少しの敬意もないから平気で無償でやってくれなんて言えるんでしょう。外注ならなおさら。

 

最後に

自分はライターの仕事は1文字単価が高く割の良いものを単発で選んでやるだけのこずかい稼ぎですが、本気でWEBライターで食べていきたいと考えている人は自分を安売りしないことが重要です。

有名メディアの仕事だろうが不条理な要求は断り、しっかり金をとる。

それが今後のWEBライターの地位向上に絶対必要だと思いますね。

 

広告を非表示にする

スポンサーリンク